前田 真二郎
MAEDA SHINJIRO

maedashi01

maedashi02

v114
v113
%e7%8f%be%e4%bb%a3%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e4%b8%ad%e5%86%99%e7%9c%9f0012

展示会場:❸前部家住宅・❺淺沼記念館・❼村田家住宅
開催日時:11/5(土)〜13(日) 10:00〜17:00

■略歴
1969年大阪生まれ。京都精華大学大学院美術研究科修了。映画、ドキュメンタリー、メディアアートなどの分野を横断して、イメージフォーラム・フェスティバル、恵比寿映像祭、山形国際ドキュメンタリー映画祭などで発表。舞台や美術など他領域アーティストとの共同制作、展覧会の企画も積極的にすすめている。映像レーベル・ソルコードの監修を2005年より務める。情報科学芸術大学院大学[IAMAS]教授。

■出展に向けてのステートメント
これまで学園前の町内を歩いたことはなかったのですが、今年の6月、この度の出品についての打合せと展示会場の見学会が開催され、機会を得ました。その日はずっと、まるで昔の写真アルバムをめくっていくときのような、懐かしい感覚に包まれたことを覚えています。「いつか見たことのある風景」これが私にとっての学園前の印象でした。学園前は私の生まれ育った町によく似ていたのです。大阪の豊中市にある東豊中町と学園前はよく似ています。私は祖父が建てた東豊中の家に昭和44年に生まれました。
さて、過去に思いを馳せている場合ではありません。「イマ・ココ・トキメキ」というテーマは、言葉の響きの軽さに反して、現代の切実さをも内包しているのだと受けとめました。「トキメキとは? トキメキは可能か?」現在、学園前に限らず、日本に点在する街は、それぞれ「街」自身が、未来のビジョンを模索しなければならない状況なのだと感じています。「街」を見つめることから作品制作をすすめます。

■主な個展
あいちトリエンナーレ2016実行委員会主催
ALA-SCOPE 02「映像レーベル ソルコードの作家たち」
前田真二郎 個展上映 アートラボあいち(2016)

■主なグループ展
文化庁メディア芸術祭20周年企画展|アーツ千代田3331(2016)
イメージフォーラム・フェスティバル 2016|
イメージフォーラム・京都芸術センター・愛知芸術文化センター
ライブ・パフォーマンスとしての映像2|東京都庭園美術館(2016)
超克する少女たちII|Cotemporary Art & Spirits(2016)
岐阜おおがきビエンナーレ 2015 |ソフトピアジャパン(2015)
再生される肌理Ⅲ|愛知芸術文化センター アートスペースX(2015)

■主な賞・その他
WEBムービー・プロジェクト”BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW”
第16回文化庁メディア芸術祭・アート部門優秀賞