安喜万佐子
YASUKI MASAKO

yasuki01

yasuki02

yasuki03

yasuki04

yasuki05

yasuki07

 

展示会場:❹大和文華館 文華ホール・❺淺沼記念館
開催日時:11/5(土)〜13(日) 10:00〜17:00

■略歴
大阪生まれ、奈良学園前育ち
1994 京都精華大学大学院美術研究科修士課程修了
2001 英国エジンバラ芸術大学 ゲストアーティスト(大阪府芸術家派遣事業)
2004 米国アマースト大学 ゲストアーティスト
2015 米国スミス大学 滞在研究員(文化庁新進芸術家海外派遣)
    帝塚山大学、京都精華大学非常勤講師

■出展に向けてのステートメント
どの街も、いつか始まり、いつかはなくなる。発生から消失までの速度が違うだけである。
最初の開発から60年が過ぎたという学園前。もはやニュータウンというには風格ある年数であるし、ニュータウンという言葉自体、すでに歴史の中にある。更に言えば、全ての街、全ての風景は、時間の海の中にある。
世界の様々な実在の地の「風景」を切り口に「時間」「記憶」を扱う仕事を続けてきたが、自分の育った‘実家’があり、現在は帝塚山の学生たちと関わり、身近な人の営みと風景がひりひりと迫る学園前の時間の海と向き合うことは想像を超えて容易ではなかった。それは、人と街の時間について普遍的で無情な問いかけと何度も遭遇する作業であったからだが、そんな時間の海の中に、掬い集められた無数の‘トキメキ’が開示すればと願っている。

■主な個展
2011 ‘Absence of Light −歩行と逆光’ galerie16(京都)
2014 ‘「風景」-LANDSCAPE SUICIDE-’ Art Complex Center Hall(東京)
2015 ‘白い影 / 三月の光 –March Light / White Shadow–’ ギャラリー勇斎(奈良)
2015 ‘光の趾音 –light trading the ground−’ galerie16(京都)
2016 ‘影の足跡 –traces of shadows−’ アートスペース羅針盤(東京)

■主なグループ展
2010 ‘GOLD EXPERIENCE’ Hyun Gallery(ソウル/韓国)
2010 ‘広州アート2010’ KDJコンペションセンター(広州/韓国)
2012 ‘風景の逆照射 Inverse Perspective Project’ 京都精華大学博物館ギャラリー
2013 ‘Collecting Art of Asia’ Smith College 美術館(MA/米国)
2013 ‘Inverse Perspective Project’ モスクワビエンナーレ特別プログラム(ロシア)
2016 ‘超克する少女たち’ Contemporary Art and Spirits(大阪)

その他多数

■パブリックコレクション
Smith College 美術館(MA/米国)、大分県立美術館、六本木ミッドタウン、他